薬局では入院患者様の調剤及び薬剤管理指導・入院持参薬鑑別・外来患者様の調剤・医薬品管理・医薬品情報管理・院内各委員会及びチーム医療への参加等を行っています。

調剤業務

医師の処方に基づき、入院患者様の調剤を行っています。
当院では電子カルテを導入しており、必要に応じて検査データや症状の確認をすることで医薬品の適正使用に努めています。
入院患者様の調剤は原則として一包化を基本とし、ご自宅への退院が近づいた患者様等には「患者様ご自身での管理」を行っていただいています。

持参薬鑑別

入院時に患者様が持参された薬の内容を確認し、持参薬鑑別報告書を作成し、可能な限り持参薬を使用しています。
また、その報告書を電子カルテに取り込む事で、医師・看護師等と情報を共有しています。

医薬品管理

院内採用薬品の品質確保・使用期限の確認等を行っています。
また、使用量や在庫数も管理しています。

医薬品情報管理

緊急安全性情報・医薬品等安全性情報などを収集・管理し、関係者への迅速な情報提供を行うと共に月1回、院内スタッフへ、

「 DI NEWS 」を発行しています。

院内各種委員会への参加

薬事委員会をはじめとした各種委員会や症例カンファレンスに参加し、多職種と共にチーム医療に努めています。
また感染対策委員の一員として北播磨医療センターを中心に近隣の病院との合同カンファレンスに参加しています。

薬学生実務実習

当院では薬剤師養成教育の一貫として認定指導薬剤師を中心に薬学生の実務実習を行っています。
(認定指導薬剤師 4名)

外部研修、学会への参加等自己研鑽

学会や研修会に積極的に参加し自己研鑽に励んでいます。
(日本病院薬剤師会認定薬剤師1名・

日本薬剤師研修センター生薬漢方認定薬剤師3名)

患者様がより安全に安心して

服薬できるよう薬剤師一同努めています。